« ご質問 | トップページ | 初さくら »

留学生のための和食レッスン

皆さん、こんにちは。

寿司を中心に、ニューヨークやパリでの日本食ブームはすでになかなかのものですが、世界中に日本料理を広める計画が検討されているのをご存知ですか?

(例えば「世界の日本食人口を、5年後には現在(6億人)の2倍の12億人にする」計画など・・・)

クッキングサロン原宿でも、外国の方に日本食を広めようと5年前から毎年フランス人留学生を中心とした和食レッスンを行っています。
お寿司、玉子焼き、味噌汁、焼き鳥などを学ぶのですが、皆さんとても熱心!
特に男子学生が真剣で、日本ではお料理教室といえば女性、という感覚がありますが、フランス人の生徒さんの場合、男性の数のほうが圧倒的に多いのです。
さすがに料理を芸術の一分野として捉えているフランス人は違うな・・・と思います。

調味料、中でもみりんに興味津々で、お米のリキュールですよ、と教えています。
塩と胡椒が調味の基本にあるフランス料理に対して、砂糖やみりんの甘味を加える日本独特の味にとても興味を持ちます。
大好評の玉子焼きなどは、甘いのでお菓子の感覚で食べているようですね。
お刺身を切ったり、卵を慣れない箸でくるくると巻きながら焼いたりと、悪戦苦闘しながらも作り上げています。

これからも、日本料理体験を通してささやかながらも和食の良さを伝えるお役にたてたら・・・。

さて、写真はそんな和食レッスンのひとこまです。

Dscf0243_1

|

« ご質問 | トップページ | 初さくら »