« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

晩秋、そしてワイン会

皆さん、こんにちは。

早いもので明日から12月、2007年もあと1ヶ月を残すところとなってしまいました。いかがお過ごしですか?

急に寒くなり、サロン周辺の銀杏並木もあっという間に黄金色に染まり、晩秋の空にキラキラと輝きながら舞い散っています。今回はそんな銀杏たちを先ずはご紹介します。

原宿駅から山手線沿いに渋谷方面に進む道々、私の好きな散歩道のひとつでもあります。意外に知られていませんが、国立競技場周辺のこの並木、なかなか見事です。

Photo Photo_2

Photo_3Photo_4

「水無橋」…妙な名ですが実在します。さて、何処に架かる橋でしょう?? Photo

それでは、そろそろ本題のワイン会についてお話いたしましょう。皆さんに楽しみにして頂いています恒例のワイン会、今年は11月21日に開催しました。現生徒さん、元生徒さん、お客様、遠くは大阪からの参加の方も含め、皆様で楽しい一夜を過ごしました。

Dscf3299 Dscf3296 Dscf3290 Dscf3340

今回はヌーボーの各ランクを飲み比べてみるというテーマのもと、チーズ、オードブル、デザート、フルート、ハープ演奏で楽しみました。

Dscf3355 Dscf3334 Dscf3363 Dscf3360

若々しさが持ち味のヌーボーですが、ルイ・ジャド、ルロワクラスになるとかなりレベルが高く、特にルロワにおいてはヌーボーとは思えぬ充実味が味わえました。一般にクリスマス、お正月頃までが飲み頃のヌーボーですが、ルロワは保存状態さえ良ければ1年後でも味落ちせず楽しめます。

Dscf3442 Dscf3377

当サロン高塚先生はルロワの大ファンで、25年ほど前より飲み続けていますが、「”マダム・ルロワ”の厳選したワインは外れることなく安心していただけますよ。」とのこと、素敵ですね!

そしてもうひとつのお楽しみ、サロンの自慢でもあるオードブルなんですが、これはすべて先生の手作りなのです。ワインに相性の良い数々のオードブルを楽しみに、毎年参加される方もあるぐらいです。

Dscf3265 Dscf3351 Dscf3344 Dscf3280_2

三人の奏者によるフルートとハープ演奏に耳を傾け、暫し優雅な心地に浸った後は、食後酒のポートとチョコレートで締め、会はお開きとなりました。

Dscf3419 Dscf3435

来年のワイン会を予約して帰られる方もいらっしゃり、嬉しい限りの一夜でした。ご出席下さった皆様にありがとうを、そしてまだ参加されたことのないあなたへ、次回のお誘いを申し上げます。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »