« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

味と環境

皆さん、こんにちは。

桜のあとは春爛漫の日比谷公園、青空に向って若々しい新緑がそよいでいました。

何年ぶりかに散策してみましたが、野生的な雑草が生い茂ったお堀の一部が残されていたり、びっくりするほど背高のっぽの椰子の木が植わっていたりと、計算尽くめの構築された庭園には無い無造作ぶりが、自由な空気を運んで来てくれ何とも愉快でした。

そんな中、一面のチューリップが美しく、思わず撮影してみました。

Hibiya   Hibiya2

散策後は公園の正面にできたペニンシュラホテルで、噂のアフタヌーンティーをいただいてみました。さすがにオリジナルの紅茶は美味しく、スコーン、桜のキッシュ共に良く出来ていました。シンプルながらカトラリー、ポット類の銀器も良く磨かれ気持ちよく過ごせました。

Peninsyura   Peninsyurakake

ただ一つ難を言うと、正面玄関を入ってロビーと同じフロアにテーブル席が設けてありますので、出入り口に近い席の場合、かなり落ち着かず、外風が入ってくるせいか折角の紅茶が冷めやすくなってしまうのが残念でした。

味は環境に大きく左右されます。そういう意味でもよい勉強になりました。

|

桜、桜、桜もち

皆さん、こんにちは。

季節の中に一瞬のときめきをもたらす、たち。

そう、東京では今まさに満開の時です!

今年は思いがけず色々な処で桜を満喫できました。

まずは谷中霊園の並木です。大好きな朝倉彫塑館の近く、東京芸大へ向かう途中で出合いました。

Yanaka2  Yanakamannkai

次は朝倉彫塑館、

Asakuramonn 入口Asakura 中庭  

因みに、朝倉彫塑館の中庭と屋上庭園がこの度国の名勝に指定されたのですが、それに伴う改装のため、茶室など一部の部屋が見学できなくなっていました。とても残念。独創的な西洋建築のアトリエと、数寄屋造りの日本建築が渾然一体となって、美しい自然と共に忽然と下町に佇んでいる様は、とても惹かれるものがあります。

Okujyouteienn 何とも不思議、屋上庭園の彫刻

次はお馴染みの、上野公園   Ueno

そして、四谷から飯田橋へと続くお堀沿いの桜たち。撮影ロケによく使われる飯田橋のカナルカフェにて、ここはお堀でボートも漕げます。

Kanarcafe

更に、井の頭公園。池の周りにぐるりと植わった見事な桜、水面に枝垂れて圧巻です。

Inogasira2  Inogasira

都心に戻って、グランドプリンス高輪の黄昏の桜たち。 

 Guranndopurinnsunamiki  Guranndopurinnsu

最後に、忘れてはならぬ地元原宿、東郷神社の桜です。

Tougou

そんな桜日和のなか、サロンでは桜もちを作りました。手作りならではの美味しさで皆さん満足!

20083_005_2   20083_012_2

以上、桜もち報告でした。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »