« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

新年はあずき雑煮

皆さん、こんにちは。 

新年、おめでとうございます。 そして、今年もどうぞ宜しくお願いいたします

Shougatukazari2_2

ここ原宿の街では「お正月らしさ」が年々薄らぎ、門松やしめ飾りの風景が、今年は特に少なくなっていたような気がします。

皆さんのお正月はいかがでしたか?

サロンでは年明け最初のレッスンで、皆さんと新年を寿ぎ、お屠蘇でお祝い致しました。

今年は高塚先生より生徒の皆さんへと、とても珍しい「あずき雑煮」を振舞っていただきました。

甘味はごく弱く、ぜんざいとは一線を引き、さらりとした濃度に仕上げ、あずき本来の風味を味合います。お餅は丸餅で、焼かずにあずき汁と一緒に煮ます。

卓上に置かれた砂糖入れから、各自好みで直接お椀に砂糖を加え、甘味の調整をします。

これは、かつて日本でも、甘味~砂糖がとても貴重品だった頃の名残を表しているのだと思います。

いにしえより続く日本人の味覚への鋭敏さや、食し方の工夫に、改めて感じ入りました。

生徒の皆さんは、「初めていただきました」という方ばかりで、年頭より貴重な体験をすることができました。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »