« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

表参道イルミネーション

表参道はクッキングサロン原宿のお膝元、私は原宿に住んで30年になります。

毎週月曜と木曜は自転車で表参道をすっとばしています

ポップコーンのギャレットの行列を横目に、参道のケヤキの色付きや、ちょっとした街並みの変化を見つけるのが好きです!

今日はクリスマスイルミネーションを見てきました。

このイルミネーションは1991年に始まり、途中中断もありましたが、すっかり原宿の風物詩になりましたね。

第1回から見続けていますが、当時はかなり華やかで、賑わいも今よりずっとすごかったんですよ

今年は上品なシャンパンゴールドの輝きに満ち溢れ、とっても素敵でした。



ここでミニ情報をひとつ。

生まれも育ちも原宿の夫曰く、「自分の子供の頃は.お店と言えばキディランドと古切手とコインを売るお店ぐらいしかなかったョ」とのこと。

元々代々木公園は、アメリカ軍の家族向けの宿舎だったそうで、そこに住む子供たちをターゲットにしたお店がキディランドだったそう。なるほど!

ラフォーレのツリーと、東急プラザ表参道原宿のイルミネーションもオマケに。。。










| | コメント (0)

銀座レカン

ロテスリーレカンつながりで、盛夏の「銀座レカン」のお話を。

銀座レカンへはかれこれ20年位前に伺ったきりでしたが、内装も変わらず美しいアールヌーボーでした。



以前より親しみやすい雰囲気とサービスで、お料理もより美味しくいただけました。
















文字通りレカン(宝石箱)、こちらは数年前に制作したそう。ライトアップされて煌めくプチフールが美しい!




盛夏のフレンチは難しいものですが、きりりとメリハリのあるお料理はさすがでした。

わがままを言って各料理に合わせていただいたワインもピッタリと美味、ソムリエの宇佐美さんありがとうございました。

| | コメント (0)

ミキモト

ロテスリーレカンの後はミキモトへ

来年1月に、建て替えのため取り壊しに入るミキモト本店。最後のクリスマスツリーを堪能してきました。

LEDの美しく華やかなツリーに感動

1時間に1度だけ、音楽と共に、さざ波のように色のグラデーションで楽しませてくれる趣向も素敵!

さすがミキモトさん、凝ってますネ。

外壁にある、大粒の真珠のネックレスの装飾も印象的でした。

こんなに素敵な銀座の名所がなくなってしまうなんて、ちょっと残念ですが

2017年春完成の、新しい店舗に期待しましょう!!今よりずっと広いお店になるそうですよ。

因みに、本店は、ミキモトブティックの方にお引っ越しして営業するそう。

ミキモトさん!長い間、感動をありがとう


6階イベントホールの『銀座から世界へ、世界からGINZAへ「銀座と共に歩むミキモト」展』も良かったです。

「銀座から世界へ」で思い出しましたが、パリのヴァンドーム広場にあるミキモトを訪れた時のこと。。。

ホテルリッツや、世界的に有名な宝飾店が広場を取り囲むようにして建っている中、ミキモトを見つけた時は、日本人としてとても誇らしく思いました。

殆どがフランスのブランドの中、アジアのしかも日本のブランドが肩を並べている!凄いことですよね。

ただ、お店の中にはそうたやすくは入れず、まずは、ガラス張りのドアの外からブサーを鳴らし、屈強な男性がこちらを確認したうえで、やっとドアを開けてくれ、中に入れてもらえるのです。

日本のお店の様に、誰でも自由に出入りができるわけではないのです。

防犯上の対策でもあるんでしょうが、これが、誇り高きパリ式商法なの?特にヴァンドームではと、驚いた思い出があります。














| | コメント (0)

ロテスリーレカン久しぶり!

リニューアルオープンしたロテスリーレカンに行ってきました。




テーマカラーのブルーは変わっていませんでしたが、以前よりぐっと明るい店内に、独特な雰囲気を持つ若き陶芸家のオブジェが装飾のポイントになっており、なかなか素敵でした。





お料理はカジュアルな中にも、丁寧にきちんと作られていました。

メニュー構成と内容からすると、コストパフォーマンスは良いほうかと思います。











そして何と!

誕生日おめでとうと、サプライズのお祝いまでいただきました




ロテスリーレカンさん、ありがとうございました

| | コメント (0)

こんがりジューシー!ローストチキン

ワイン会の次はクリスマス料理一回目のレッスンが終わりました。

メインはやっぱりクッキングサロン原宿の定番、「こんがりジューシー!ローストチキン」です!

Dscf3806    02320

毎年このお料理を楽しみにしていらっしゃる生徒さんも多くて、「教室でこのローストチキンを食べると、あぁ今年も一年の終わりだな」と思うそう。

シンプルに塩、胡椒、ローズマリーで焼いて、グレビーソース(焼き汁を使ったソース)でいただくというお料理です。

丸鶏から焼くと聞いただけで、難しいんじゃない?と思う方も多いのですが、実は案外簡単で、オーブン任せの楽ちん料理なんですよ。

塩、胡椒をしてローズマリーをお腹に詰め込み、タコ糸で縛ってオリーブオイルをかけたらオーブンに入れて焼くだけです。

途中2回ほど乾燥しないように上からオイルをかけてやりますが、時間がくればちゃんと焼けています

20141213_020

20141213_057

そして焼き汁は旨味の宝庫、無駄にせず、スープと合わせてコーンスターチでとろみをつければ、おいしいグレビーソースの出来上がり

20141213_111

20141213_118

というわけで教室では、焼く前の下ごしらえから、焼き方、焼き上がった鶏の飾り付けとさばき方、そして一人ひとりのお皿への盛り付け方とサービスの仕方まで、全部お教えしてます。

とてもお得なレッスンです!

20141213_137

20141213_14320

チキンを焼いている間は、カナッペ、赤ワインパンチ、デザートを作り、ブッフェ形式で試食しました。

そして今年のクリスマスティーは、「ベッジュマン&バートン」を淹れて楽しみました。

20141213_127

20日(土)、23日(火)各日14:00~17:00のクラスもありますので、奮ってご参加くださいね

お待ちしてま~す。

| | コメント (2)

ワイン会レポ④ お料理

それぞれのワインに合わせて、お料理も工夫しました。
食べやすいように、ピンチョス、カナッペを中心に。

オードブル5種盛りの下から順に

ホタテとキゥイのマリネ
ラパンのパテ
ハーブサラミと黒オリーブ
プチトマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ
珍しいトマトのチーズ「バジロンロッソ」
ゼリー寄せときゅうりのフリル
パルミジャーノレッジャーノとくるみ&自家製干し柿
チコリにランプフィッシュの卵
生ハムとスティックサラミ
カマンベール
クリームチーズのスモークサーモン巻き
ゴルゴンゾーラカナッペ
ブドウ形のマカロニオリーブオイルあえ
枝付き干しブドウ  など

Img_252410

Img_2286

Img_2301 Img_2290 Img_2327  Img_2325 Img_2351 Img_2294

Img_2300

Img_2336 Img_22628

Img_234510

| | コメント (1)

ワイン会レポ③ ルロワ&珍しいデザートワイン&ヴァイオリン

そしていよいよルロワですが、毎年ヌーボーは欠かさずお出ししてます。高塚先生も私も30年前から愛飲しています

81歳になられるビオディナミの大家で天才醸造家のマダム・ルロワ。今年も彼女のヌーボーが味わえる幸せを皆さまと共に分かち合い、感謝し、おいしくいただくことができ最高でした。

人工甘味料的な甘さやキャンディー臭は勿論なく、ヌーボーとは思えぬ素晴らしさに幸福な気分になりました!期待通り、今年のルロワも正統派のとてもエレガントな仕上がりで、さすがルロワ

思い起こせば去年のパカレのヌーボーも良い物でしたが、こちらはやや粗削りな感じでたくましさが前に出ており…それに対して、いつどのような時も上品な味わいのルロワ…やっぱり好きです

Img_25388

最後の締めくくりのデザートワイン。こちらはまだ日本には入っていませんが、知人がわざわざ入手してくれた珍しい物で、イタリア・フィレンツェ近郊ロッピアーノのDOC「ヴィン・サント・ビオロジコ」という甘口ワインです。

ドイツやカナダのアイスワインとは全く違い、かなりスパイシーで個性的、やや紹興酒的な香りを持つ面白い味わいでした。

チョコレートやマスカルポーネ&(クッキングサロン原宿自家製)リンゴのコンポートのデザートで楽しみました。

Img_25378_2    Img_2362

そして、今年のミニコンサートはヴァイオリン独奏。素敵なドレス姿にうっとりし、暫し優雅に美しい音色に聴き入り、来年のワイン会に思いを馳せて会はお開きとなりました。

Img_257310_2

Img_2604

Img_2595

| | コメント (0)

ワイン会レポ② お次は白のヌーボー

次は、「白のボージョレ・ヌーボーはないけど、白のヌーボーはありますよ」とルイ・ジャドのマコン・ヴィラージュをお出ししました。

大好きなブランド。さすが期待を裏切らない、爽やかな中にもなかなかしっかりとした存在感あり、良かったです。次のルロワへの期待もふくらみます!

Img_2542

ルロワの前にちょっと、クッキングサロン原宿のワイン会のこだわりもお話させてください。

それは、ワインそれぞれに合わせたチーズやお料理をタイミング良くお出しすることです。今回は数えてみると、デザート&コーヒーを入れて、なんと18種類も作ってしまいました

次々と出されるチーズ、カナッペ、ピンチョス、オードブルに、皆さま歓声をあげ「これ全部手作りですか?」など、いろいろなご質問も飛び出してきます。そんなところから会話がはずみ、毎回楽しい会になるわけですo(*^▽^*)o

Img_2323 Img_2319

そしてもう一つの特徴。

クッキングサロン原宿では、ただレクチャーを受けて試飲、お料理をいただくだけの受け身ではありません。希望者には実際に、抜栓の仕方や注ぎ方なども体験してもらいますし、お料理作りや会場準備、お客様のおもてなしなども積極的に参加していただけます。

このように、ひとつの会を通して多くのことが学べるのも、当教室の良いところだと思っています。

Img_2513

| | コメント (0)

ワイン会レポ① モエで乾杯!

12月6日(土)13時から始まったワイン会は皆さまに大好評、盛会でした

おしゃべりに花が咲き楽しいひとときはあっという間に過ぎ去り、予定よりずいぶん押してしまいましたが、一年の終わりにふさわしい素敵な会になりました

久しぶりにお会いする生徒さんや、お友達、そしてフランス人の友人とそのお嬢ちゃんなどなど…定員を上まる22名で楽しみました。

Img_224750

まずは基本から。

ワインとは何ぞや?ワインが造られるようになった由来、ワインの造り方等をお話し、合わせてワインとは切っても切れないチーズのお話もレクチャーさせていただきました。(一応ですがわたくし植野一恵、チーズアドバイザーの資格はかなり前に取得してます)

Img_239040

そしてお待たせしました、会の始めの乾杯はシャンパーニュでの決まりを守って、モエ・エ・シャンドンで(因みに去年はヴーヴ・クリコでした)乾杯!!フランス人の友人は「サンテ!」と楽しそう。

Img_253950

Img_243040_3

| | コメント (0)

いよいよ明日はワイン会

明日のワイン会に向けて、準備が着々と進んで います。

ワインはもとより、チーズ、食材、会場、グラスのセッティングなどなど、大忙しです

テーブルと椅子を配置、赤ワイン色のテーブルクロスをかけ、ワインの色がよくわかるように白いマットも並べます。

ワイン、チーズ産地の地図もご用意し、皆様にわかりやすくワインのお話ができるようにしています

お料理作りは当日早朝から。生徒さんにもお手伝いいただきご用意します。

どうぞ、明日をお楽しみに

Cimg0077 Cimg0078

Cimg0068_2

Img_2196

Img_2192

Img_2190

| | コメント (0)

クリスマスにはローストチキンを!

12月はクリスマス料理、お正月料理と大切なメニューのレッスンが続きます。

年に一度の行事食を、単発レッスンで習ってみませんか!

クリスマス料理:12/13(土)12/20(土)12/23(火)いずれも14:00~17:00

メニュー:ローストチキン・特製グレビーソース・カナッペ3種

赤ワインパンチ・洋梨のチョコレートソース 

費用:6000円(税込)

お申し込みはメール、お電話で。

  
若鶏一羽を丸ごと使い、焼く前の下ごしらえの仕方、焼き方、盛りつけ方、さばき方、グレビーソースの作り方など、基本から丁寧にお教えします。

その他、カナッペの由来や正しい作り方、パンチボウルを囲むクリスマスパーティのセッティングも学べます。

焼き上がったばかりのチキンに、クッキングサロン原宿特製グレビーソース(焼き汁で作るソース)をかけていただき、、今年も無事に過ごせた感謝を噛みしめます。

Dscf3814 Dscf3825Dscf3806

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »