« 生徒さん便り~ブラジルの年末年始その2 | トップページ | 1月レッスンの日時~ボルシチ »

新年のカワイイお菓子たち

おめでたい干菓子やきんとん、生徒さんのお土産の鳥羽のマドレーヌなどなど、徒然に。

Cimg0148

                                   Cimg0149

Cimg0108

Cimg0150

織部の波の上に漂うのは「ホ・タ・テ・貝」ではなく、「ア・コ・ヤ・貝」です。そう、真珠貝の形のマドレーヌなんです。なんともかわいい!heart04 

その名は「シェル・レーヌ」 

鳥羽のブランカというお菓子屋さんのスペシャリテです。粉、卵は地元産で、香料や保存料、ベーキングパウダーなどは一切使用されていません。

本当に自然な味わいの、心からほっこりとするお味の焼き菓子、私は大好きですconfident

やさしい口溶けと素材そのものの正直な風味には嘘がありません。

更に食用真珠貝層粉(あこや貝の内側の光沢のある部分を粉末にした、天然のパールシェルカルシウム)が入っているそう。

だからでしょうね、マドレーヌの表面がかすかにパール状の輝きを放っています!

数年前に、初めていただいた時から気に入ってしまった「シェル・レーヌ」

良いお菓子は、いつ食べても変わらぬ安心感があります。

そっと心の片隅にしまっておきたいような、マイフェイバリットスウィーツですshine

(因みにこれはプレーン、あおさ海苔入りもあるそう、興味津々!)

|

« 生徒さん便り~ブラジルの年末年始その2 | トップページ | 1月レッスンの日時~ボルシチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生徒さん便り~ブラジルの年末年始その2 | トップページ | 1月レッスンの日時~ボルシチ »