« ブラジル情報No.4「サンパウロのおしゃれスポット」 | トップページ | ブラジル情報No.6「金曜日はフェイラ(市場)へ行こう!」 »

ブラジル情報No.5「サンパウロの有名レストラン‟ロデイオ”」

前回ご紹介した"サンパウロの表参道"こと、オスカーフレイレ通りにある、有名ステーキレストランの「ロデイオ」に行きました。

Img_3986

シンプルで正統派の内装とウェイターさん達のあたたかみのある笑顔に迎えられ、楽しいひと時を過ごしました。

Img_3975

小さなお子さん連れとご一緒したのですが、お店の方は嫌な顔一つせずもてなして下さり驚きでした。

日本ではこのクラスのレストランでは押し並べてお子様お断りが常識ですが、ここブラジルでは、少々泣こうが暴れようがウェイターさん達は満面の笑みであやしてくれたり、お相手してくれます。

これには、本当に驚きましたsign03

その背景には「子供は国の宝」という、ブラジル人の子供観が影響しているようです。

そういえば、道やお店ですれ違う見ず知らずの赤ちゃんや子供達に、ブラジルの人は必ずといって良いほど「かわいいね」などと声をかけていました。

また、お年寄りにも優しく、若い人が手を取り、お年寄りに寄り添って道を歩いている姿を何度も見かけました。

ビジネスではブラジル一の大都市サンパウロで、普通にこんな風景に出会えるとは、、、

なんと素敵なことでしょうheart04


かなりお料理からは脱線してしまいましたが、話を元に戻して、こちらロデイオはあの中田英寿さんも訪れるそう。

先ずはなんと言ってもステーキ!

アルゼンチン牛の「ピッカーニャ」(日本で言うところの最高級部位の「イチボ」)を注文。

赤身本来の旨味がしっかりと伝わって来る、噛みしめるほどに肉汁の香りの広がる、良いお肉でした。

Img_3974

付け合せは丸ごとトマトに人参スティック、モッツァレラチーズ、パルミットなど。

Img_3971

モーリョ(ソース)はサルサソースのような感じで、各店で色々特徴があります。

そして、ステーキには必須の付け合わせの「パルミット」

こちらの名物で、椰子の木の若芽(芯)を調理したもので、食物繊維が豊富です。

日本でも高級食材として水煮が瓶詰めで売っていますが、それとは比べものにならない程美味でした。

ふんわりと柔らかく、温かく繊細で、ホワイトアスパラのビネグレットソース添えを食べているかのよう。美味しかったです。

この写真はかなり見難いですが、ウェイターさんが椰子の木の外側の部分をケースにしてうやうやしくワゴンサービスしています。

Img_3978

オーブンで蒸し焼きにしたバルミットを、オリーブを刻み込んだタプナードソースのようなもので軽く和えています。

食べきれないとお持ち帰りOK、こんなに沢山持たせてくれました。

Img_4065

ステック状のポンデケージョも。

Img_3972_2

フレッシュなスイカのジュースもこちらでは人気です。

Img_3969

デザートはクリーミージパパイヤ。

Img_3982

パパイヤとバニラアイスをミキサーにかけフワフワにし、上からクレームドカシスをかけていただきます。

とても冷たくて、その名の如くクリーミー。濃厚なパパイヤで作るからこそのボリューム感です!

クレームドカシスをかけるという発想、素敵すぎ〜

満足でしたshine

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

|

« ブラジル情報No.4「サンパウロのおしゃれスポット」 | トップページ | ブラジル情報No.6「金曜日はフェイラ(市場)へ行こう!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラジル情報No.4「サンパウロのおしゃれスポット」 | トップページ | ブラジル情報No.6「金曜日はフェイラ(市場)へ行こう!」 »