« 10月のレッスン「菊花汁・梨の酢の物・さんまの蒲焼」 | トップページ | 10月メニュー「鶏のパプリカ煮」・・・かぼちゃのニョッキとともに »

ハロウィンはかぼちゃのニョッキで!10月のレシピより

31日はハロウィン。ここ数年日本でも大盛り上がりですねupup

クッキングサロン原宿のお膝元表参道では、皆さん相当凝った仮装でパレードしています。

ハロウィンの由来は秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うという宗教的な意味合いがあるとか。

アメリカでは、秋になると沢山収穫されるかぼちゃが秋の象徴で、ハロウィンのランタンにも
使われていますね。

そこで、10月後半のレッスンではかぼちゃのニョッキを作りました。

Cimg0955

かぼちゃは種を取り、皮をむき電子レンジで加熱、熱いうちに潰します。

Cimg0930

小麦粉を加え、耳たぶくらいの堅さに混ぜ合わせます。

Cimg0934

3つぐらいに分けます。

Cimg0949

直径2~3センチの棒状にし、1センチくらいの厚みに切り分けます。

Cimg0938

このままの形でもよいのですが、ソースの絡みをよくするためにフォークで溝を付けます。

Img_6418




Cimg0952

熱湯に加え1~2分茹でます。

浮き上がってきたら茹で上がり。

穴あきお玉などですくい取り、そのままソースへ投入。

Cimg0954

今回は、生クリームにパルミジャーノレッジャーノを加えたソースです。

ゴルゴンゾーラを加えても大人の味でおいしいですdelicious

Cimg0953

ブラジルから買ってきた、紫色の変わったデザインのお皿に盛って!

かぼちゃの黄色と生クリームの白色がお皿に映えますねshine

Img_6427


渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~

http://homepage3.nifty.com/cooking-harajuku/

|

« 10月のレッスン「菊花汁・梨の酢の物・さんまの蒲焼」 | トップページ | 10月メニュー「鶏のパプリカ煮」・・・かぼちゃのニョッキとともに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月のレッスン「菊花汁・梨の酢の物・さんまの蒲焼」 | トップページ | 10月メニュー「鶏のパプリカ煮」・・・かぼちゃのニョッキとともに »