« ケネディ駐日米国大使もいらっしゃいました!中南米フェス | トップページ | 11月のレッスンその2、「皮蛋と卵の炒め物」 »

11月のレッスンその1、「黒酢酢豚」のポイント

11月前半のレッスンメニューは「黒酢の酢豚」でした。

Img_6591

もちろん普通の米酢や穀物酢でもおいしく作れますが、今回は黒酢でお教えしました。

ではどうして今、黒酢が人気なの?ということから。。。。

黒酢は他の酢に比べ、とてもアミノ酸が豊富に含まれており旨味が凝縮されています。

ですから、お料理に香りとコクをプラスし、よりおいしくしてくれるのですwink

見た目も一目瞭然黒色をしていますね。

これは、普通のお酢より長い時間熟成させるからです。

原料も米酢は精米、黒酢は玄米や大麦、中国の黒酢はもち米を使っています。

この度クッキングサロン原宿では有名な中国の黒酢「鎮江香醋」を使いました。

もち米と塩を発酵させ、じっくりと熟成させた香り高い黒酢です。

水餃子などのタレとしもて使われています。

Cimg0964

まずは素材を切ります。

ここでポイントone 火の通りを均一にするため、材料の大きさを切り揃える。

Cimg0961

豚肉に醤油と紹興酒で下味を付けたら、卵白と片栗粉をまぶし油で揚げておきます。

Cimg0962

調味料は全てを混ぜ合わせておき、「合わせ調味料」を準備します。

Cimg0963

サラダオイルでニンニク、生姜を炒め香を出します。

Cimg0971

玉ねぎ、ピーマン、赤パプリカをサッと炒め合わせ、合わせ調味料を回しかけます。

Cimg0972

ここでポイントtwo 合わせ調味料は熱せられた中華鍋の縁に沿って「ジュッ!」という音がするように回しかけます。

Cimg0974

熱くなっている鍋肌に注ぎかけることにより、瞬時に調味料が沸騰してくれ、直接素材に回しかけるよりもぐっと旨味が凝縮します!

合わせ調味料の中に入っている片栗粉ですぐにトロミが付いてきますので、手早くかき混ぜましょう。

最後に油で揚げておいた豚肉とパインを加え、胡麻油を回しかけ、サッと混ぜ合わせて出来上がり。

Cimg0975

ここで最後のポイントthree 酢豚は煮込み料理ではありません!

あくまでも素材と甘酢を絡める、「絡め料理」なんです。

ぐつぐつ煮込んではng

Img_6582

その点を押さえてお料理してくださいね、きっとおいしくできますよdelicious

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~http://homepage3.nifty.com/cooking-harajuku/

|

« ケネディ駐日米国大使もいらっしゃいました!中南米フェス | トップページ | 11月のレッスンその2、「皮蛋と卵の炒め物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケネディ駐日米国大使もいらっしゃいました!中南米フェス | トップページ | 11月のレッスンその2、「皮蛋と卵の炒め物」 »