« 11月のレッスンその3、「さつま芋の黒胡麻汁粉ココナッツ風味」 | トップページ | 原宿、竹下口の銀杏並木 »

ボージョレヌーヴォー解禁

今年もヌーヴォー解禁winesign03  

Img_6709

11月の第3木曜日が世界での取り決めですが、この制度は意外と近年制定されました。

1985年制定ですから、たったの30年前です。

それまでのワインの早出し競争の激化で、質の悪いワインが出回ってしまうのを懸念しての解禁日制定だったそうです。

フランス、ボージョレ地区に栽培される「ガメィ種」で作る早飲みの赤ワインです。

9月上~中旬に収穫したぶどうの房を、丸ごとそのままタンクに入れて発酵させます。

タンクの中に積み重なったぶどう自身の重みで自然にブドウが潰れ、その果汁が自然に発酵しワインが出来上がるのです。

軽い風味でタンニン(苦み)の少ない、フルーティーな飲みやすいワインです。

因みに普通の赤ワインは、実を潰してから(破砕)発酵させますので、タンニンは強いです。

ボージョレヌーヴォーを日本に広めた醸造家と言えば、ジョルジュ・デュブッフ氏。

余談ですが、苗字の語尾に「ブッフ」がつく氏。

フランス語でブッフとは「牛」のことtaurus

ですから、日本風に言うと差し詰め「牛尾さん」とか「牛田さん」…そんな感じかな?と勝手に想像しているのは私だけsign02 wink

数年前に、渋谷の某デパートで氏をお見かけeyeしました。 

颯爽として、格好良い方でしたshine

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~http://homepage3.nifty.com/cooking-harajuku/



|

« 11月のレッスンその3、「さつま芋の黒胡麻汁粉ココナッツ風味」 | トップページ | 原宿、竹下口の銀杏並木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月のレッスンその3、「さつま芋の黒胡麻汁粉ココナッツ風味」 | トップページ | 原宿、竹下口の銀杏並木 »