« 2月のレッスンその①スープ・ボルシチの「ビーツ」あれこれ | トップページ | 2月のレッスンその③「焼きチーズサラダ」 »

2月のレッスンその②「スープ・ボルシチ」

「ビーツあれこれ」(記事はコチラ)でご紹介したビーツを使って「スープ・ボルシチ」を作りました。

Cimg1653

牛バラ肉、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、セロリ、ビーツ、里芋を準備します。

Cimg1559

にんじん、里芋、セロリはシャトウに切り、キャベツは味をより浸み込みやすくするために、手でちぎります。

Cimg1563

セロリは節の処を折って、すーっと筋を取りましょう。
面白いように筋が一度に取れますwink

Cimg1562

今年は、じゃがいもの代わりに里芋を使ってみることにしました。

里芋は剥くときにコツがあります。

それは、先に水で洗ってしまわずに、表面が乾いた状態で皮を剥いてみてください。

手も滑らず、ぬるぬるもせずとっても楽に皮剥きができますよgood


Cimg1635

厚手鍋(今回はルクルーゼ)にオリーブオイルを取り、ニンニクのみじん切を加え弱火にかけ、香りを出します。→この時、ニンニクを焦がさないように注意してsweat01

Cimg1643

玉ねぎ、牛肉を炒めたら、固めの野菜(里芋以外)から加え更に炒めます。

Cimg1570

キャベツとビーツも加え、オイルが全体に回るようによく炒めます。

Cimg1572

トマトピューレと少量のケチャップを加え、酸味を飛ばすように更に炒めます。

Cimg1574

ビーツの茹汁適量、ブイヨン、ローリエを入れ、弱火で30分ほど煮込んで下さい。

Cimg1645

Cimg1647

里芋は、煮崩れてしまわないように、火を止める10分ぐらい前に時間差で加えます。

お味は塩と胡椒でととのえて。

美味しい!うれしい!ボルシチのできあがりdelicious

お皿に盛り付け、刻みパセリを散らし、サワークリームを添えましょうnotes

Cimg1612 

今日は生徒さんのニュージーランド土産の赤ワイン、ラスクも一緒に。

ノーベル賞授賞式で用いられたという紅茶も賞味しましたshine

Cimg1649

Cimg1652

Cimg1650




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

|

« 2月のレッスンその①スープ・ボルシチの「ビーツ」あれこれ | トップページ | 2月のレッスンその③「焼きチーズサラダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月のレッスンその①スープ・ボルシチの「ビーツ」あれこれ | トップページ | 2月のレッスンその③「焼きチーズサラダ」 »