« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

ワイン展in上野科学博物館

上野の科学博物館で開催されている「ワイン展」に行ってきました。

Img_7337

入るとレンガ造り風でワイン貯蔵庫に来たみたい。

Img_7338

なるほど、なるほど!eye

科学博物館でやっているだけあって、ワイン造りを化学的な観点から展示、解説しているところが注目されました。

Img_7342

まずはワイン造りの土台になるワイン用ブドウの解説。

Img_7344

珍しい紀元前700年前のブドウの種wobbly

Img_7348

元来の方法、直に足でブドウを踏んでブドウジュースを作る疑似体験ができました。
もちろん本物のブドウではありませんよhappy01

Img_7347

昔のブドウの除梗機

Img_7355

昔のブドウの圧搾機

Img_7350

ピジャージュ(発酵中に、人の手でタンク内のブドウの皮の層を上下に撹拌すること)も体験できました。

Img_7346

発酵には一番大事な酵母です。

Img_7357

コルクの元になるコルク樫の樹皮。

因みに、一度表面を剥がした後に再び樹皮が再生するには10年くらいかかるそうsign03
ですから本物のコルク栓はとても貴重、高級ワインには使われていますが、安価なワインにはプラスチック製の栓がよく使われています。

Img_7359

ワイン栓の作り方➡このように樹皮のコルク層を円筒形にくり抜いて作ります。

ぶどう踏みや、ワインの香りの中に含まれる匂いを嗅ぎわける体験コーナーがあったりと、通常の「見て回る」展覧会とは一味違う面白さがありました。

五感のうちの、「視覚」「聴覚」「触覚」「嗅覚」の4つを網羅した展覧会だと思います。

(「味覚」に関しては、でワインの試飲会があったようです。)

その他、ワインの発祥や世界から日本に至るワインの歴史の展示コーナーも見応えがありました。


Img_7366

長期熟成高級ワインの数々。

Img_7367

沈没船から見つかったシュンパーニュ(ヴーヴ・クリコ製1840年頃のもの)
2010年バルト海で見つかった難破船に、約70年眠っていたシャンパーニュです。
味は落ちますが、ちゃんと飲めるそうですよshine

Img_7374

Img_7380

1924年から続く「シャトー・ムートン・ロートシルト」のアートラベルの数々。

Img_7382

ミロ、ピカソ、ブラック、シャガールなども手掛けています。
↑真ん中の青いラベルはピカソ画です(1975)

そこで、思い出したflair面白い場所がありましたので、ご紹介したいと思います。
場所はパリ、時は5~6年前。
一人で訪れた「ワイン博物館」のことですwinesign01

記事は次回に。。。読んでみてねsoon




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

2月のレッスンその④「チョコレート・フォンデュ」

2月と言えば、バレンタインribbon

今年は恒例のheartのケーキではなく、チョコレート・フォンデュを皆さんと楽しみました。

Cimg1665

フォンデュとはフランス語で、「溶ける、溶かす」という意味。

チーズ・フォンデュ用の本格的なお鍋で、アルコールランプの炎を点けてflair

フォンデュフォークでフルーツやバケットを刺してチョコレートソースをつけいただきます。

先ずは果物やバケットを一口大の食べやすい大きさに切ります。

Cimg1594

チョコレートは細かく割っておきましょう。

タブレット型のチョコだと便利ですね。

フォンデュ鍋に生クリームを温め、沸騰直前にチョコを加えよく撹拌します。

Cimg1579

Cimg1583

混ぜれば混ぜるほど美味しそうな艶が出てきますhappy01

仕上げにお好みで、ラム酒など加えてもいいですね~

フォンデュフォークで刺して、こんな感じ。(写真が見にくくてゴメンナサイ!)

Cimg1671

バナナやバケットは鉄板の美味しさ!

リンゴやオレンジも酸味とチョコが相まってdelicious

柿やぶどう(皮ごと)でチョコレート・フォンデュもイケますよgood

Cimg1600




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

2月のレッスンその③「焼きチーズサラダ」

クッキングサロン原宿のスペシャリテ、「スープ・ボルシチ」とともに、ホットなチーズのサラダも作りました。

Cimg1666 ←(チーズの周りはビーツの千切りです。)

チーズはカマンベール、ウオッシュタイプ、ブルーチーズなど、フレッシュタイプやハードタイプ以外のチーズがよいかと思います。

ベビーリーフやレタスなどグリーンサラダを用意し、ヴィネグレットソース(ドレッシングソース)を作っておきます。

予め器の外側にサラダを盛り付けておきましょう。

チーズは、いただく直前にオーブントースターやグリル、あるいはオーブンで焼き、トロリとさせます。(10分前後)

焼き立てのチーズをサラダの中央に置き、さぁ召し上がれdelicious

スプーンですくって取り分けて、熱いうちにいただきましょう!

Cimg1656

Cimg1599




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

2月のレッスンその②「スープ・ボルシチ」

「ビーツあれこれ」(記事はコチラ)でご紹介したビーツを使って「スープ・ボルシチ」を作りました。

Cimg1653

牛バラ肉、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、セロリ、ビーツ、里芋を準備します。

Cimg1559

にんじん、里芋、セロリはシャトウに切り、キャベツは味をより浸み込みやすくするために、手でちぎります。

Cimg1563

セロリは節の処を折って、すーっと筋を取りましょう。
面白いように筋が一度に取れますwink

Cimg1562

今年は、じゃがいもの代わりに里芋を使ってみることにしました。

里芋は剥くときにコツがあります。

それは、先に水で洗ってしまわずに、表面が乾いた状態で皮を剥いてみてください。

手も滑らず、ぬるぬるもせずとっても楽に皮剥きができますよgood


Cimg1635

厚手鍋(今回はルクルーゼ)にオリーブオイルを取り、ニンニクのみじん切を加え弱火にかけ、香りを出します。→この時、ニンニクを焦がさないように注意してsweat01

Cimg1643

玉ねぎ、牛肉を炒めたら、固めの野菜(里芋以外)から加え更に炒めます。

Cimg1570

キャベツとビーツも加え、オイルが全体に回るようによく炒めます。

Cimg1572

トマトピューレと少量のケチャップを加え、酸味を飛ばすように更に炒めます。

Cimg1574

ビーツの茹汁適量、ブイヨン、ローリエを入れ、弱火で30分ほど煮込んで下さい。

Cimg1645

Cimg1647

里芋は、煮崩れてしまわないように、火を止める10分ぐらい前に時間差で加えます。

お味は塩と胡椒でととのえて。

美味しい!うれしい!ボルシチのできあがりdelicious

お皿に盛り付け、刻みパセリを散らし、サワークリームを添えましょうnotes

Cimg1612 

今日は生徒さんのニュージーランド土産の赤ワイン、ラスクも一緒に。

ノーベル賞授賞式で用いられたという紅茶も賞味しましたshine

Cimg1649

Cimg1652

Cimg1650




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

2月のレッスンその①スープ・ボルシチの「ビーツ」あれこれ

今年もご好評に応えて、クッキングサロン原宿のスペシャリテ「スープ・ボルシチ」をお教えしました。

ロシア料理のボルシチと言えば”ビーツ”ですね。



Cimg1628

Cimg1637

実は、ビーツは赤カブとは違います。

所謂「ビート」だそうです。

ショ糖が含まれているので、ほんのりとした甘みがあります。

根が肥大して赤カブに似ているので、よく間違えられるようです。

最近は長野産のビーツが栽培されるようになり、生のビーツを使ってボルシチが作れるようになりましたscissors

以前は、市場ではあまり生のビーツは見受けられず、もっぱらアメリカ産の水煮の缶詰を利用してました。

たまに伊勢丹で見かけても高嶺の花、とても高価だったことが思い出されます。

今回はそんなフレッシュな長野産のビーツでボルシチを作りました。

とても堅いので、茹でてから使います。

まずは表面を洗い皮付きで丸ごと、たっぷりの水に塩と酢を加えて茹でます。

竹串がすーっと通るまで、約1時間は茹でなければなりません。

茹で汁の中でそのまま冷めるまで放置し、皮を剥いて使います。

Cimg1638

結構この下ごしらえが時間もかかり大変ですが、お味と香りは缶詰のものとは雲泥の差wobbly

とても甘くて風味豊かで美味しいですsign03

このままリンゴやセロリなどとドレッシングソースで食べても美味lovely

マヨネーズで和えると、綺麗なピンク色になって見た目も素敵shine

美味しいですscissors

Cimg1641




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

今日はバレンタインデー♡こんな和風チョコをいただきました!

今日はバレンタインデーheart01

美味しいチョコが食べられま~~す!

昨日は土曜クラスで、バレンタインに因んでチョコレート・フォンデュをレッスンしたのですが、

こんな和風の、素敵な大人チョコをいただきましたhappy01

Cimg1109

こちらは、皇居のお堀端に建つ「パレスホテル」の芸術的なチョコ。

「千代ちょこ」という商品名です。

全部で6枚。

これ、本当にチョコレートなんですよ。

極薄く、極繊細で、本当に美しい千代紙を手に取っているようです!

それぞれにカカオ含有量やテイストに違いを持たせ、個性を際立たせています。

高級感のある落ち着いた雰囲気の箱の中から、まるで上質な千代紙が一枚一枚出てくるようshineshine

Cimg1111

Cimg1112

食べるのが惜しいようです。

チョコで作った「和の世界」、外人の方も好みそうですね。

大事に味合わせていただきました。



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »