« アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート② | トップページ | 5月のレッスン「モッツアレラチーズの苺ソースサラダ」 »

5月のレッスン「海老とマッシュルームのピラフ」

西洋料理の基本の一つ、ピラフの正しい作り方も、しっかりと身につけておきたいですねgood

ポイントを押さえて作ると、本当においしくできあがります! 

Img_8675
 
米は、洗ったらしっかりと水気を切っておきましょう。

水分が残ったまま炒めると、鍋に米がくっつき炒めにくいのです。

玉ねぎはみじん切り、海老とマッシュルームは小さく切っておきます。

Cimg2268
 
まずは、玉ねぎをオイル(オリーブオイルでもサラダオイルでもよい)でしっかりと炒めます。

ちょっと我慢して3分ほど、しんなりと艶よくなるまで炒めるのがコツflair

玉ねぎの甘みと旨味を引き出しましょう。
 
海老とマッシュルームも加えて炒めます。

鍋の中央に空間を作り、そこにバターを落とし、米を一度に加えよく炒めます。

Cimg2270

Cimg2273

油分として、オイルとバターを使い分けるのが、クッキングサロン原宿流ですflair

塩、胡椒、スープを加え蓋をして炊きます。
 
Cimg2275

沸騰するまでは強火、沸騰したら弱火で13分、火を止め10分蒸らして出来上がりですhappy01

Img_8682

きちんと玉ねぎと米を炒めたピラフは、噛みしめると、深みのある味わいに仕上がります。

ちなみに、冷めてから食べてみると、「炒め」具合によって味の良し悪しがはっきりと分かりますよ。



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

|

« アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート② | トップページ | 5月のレッスン「モッツアレラチーズの苺ソースサラダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート② | トップページ | 5月のレッスン「モッツアレラチーズの苺ソースサラダ」 »