« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

5月のレッスン中華「卵白のスープ」

5月中華レッスンの牛バラ丼に合わせて、「卵白のスープ」もお教えしました。
今回はニラのみじん切りも加えてみました。

Cimg2372a


ニラはさっと焦がさないように炒めて紹興酒を振り、スープを加え塩、胡椒で味を調え、軽く水溶き片栗でトロミをつけます。

Cimg2352a

あらかじめ固く泡立てておいた卵白を加え、泡を消さないようにふんわりとひと混ぜして出来上がり!簡単ですscissors

Cimg2349a

Cimg2356a

Cimg2358a


見た目もインパクト大、フワフワ感が楽しいですから好評間違いなしですflair

牛バラ丼と拌四糸と共にhappy01


Cimg2374a_3
渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

5月のレッスン中華「拌四糸」

5月中華レッスンの牛バラ丼に合わせて、中華サラダの「拌四糸」をお教えしました。

Cimg2371a

一言でいえば、四種の野菜などの具材を糸状に切り揃え、中華のドレッシングソースで和えていただくというお料理です。

今回は四種でしたが、三種でも五種でも良いですね。

具材は野菜、薄焼き玉子、果物などです。
きれいに切り揃え、彩りよく盛り付けます。

Cimg2344a

醤油、酢、砂糖、酒、塩、胡椒、胡麻油でソースを作り、いただく際にかけましょう。

牛バラ丼との相性もバッチリ!

Cimg2374a




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  
 

| | コメント (0)

5月のレッスン中華「牛バラ丼」

人気の牛バラ丼をレッスンしましたtaurus

Cimg2369a

香辛料の八角や隠し味の氷砂糖を使って、中華独特の風味とコクを出します。

Cimg2321a


生姜の千切りで香りを出し、牛バラ肉を加えさっと炒めます。

Cimg2334a

スープ、調味料、八角を加えアクを取りながら煮込みます。

Cimg2342a

仕上げに水溶き片栗でとろみをつけて出来上がり!

Cimg2348a

チンゲン菜はサラダオイルと塩を加えた熱湯でゆでてツヤだしを。

ご飯の周りにチンゲン菜の青味、牛バラを盛り付け、タレをかけましょうdelicious

Cimg2373a

Cimg2374a_2

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

伊勢志摩旅行その④ ミキモト真珠島「真珠博物館」

【伊勢志摩旅行その③はコチラ

【伊勢志摩旅行その②はコチラ

【伊勢志摩旅行その①はコチラ

 

伊勢志摩サミットもあと一週間に近づきました。

鳥羽市にあるミキモト真珠島には、真珠博物館も併設されていました。

320a_2


真珠の成り立ちなど自然科学的視点の展示室から始まり、様々な素晴らしい歴史的工芸品、めったに見られない天然真珠のアンティークジュエリーなどの展示もあり、とても充実した内容で、勉強になりました。

325a

326a

349a

350a

354a

361a

360a

真珠養殖の方法の解説もありました。

348a


346a

329a


342a


1926年フィラデルフィア万博出品(12,760個の真珠)

368a


366a


1939年ニューヨーク万博出品「自由の鐘」(12,250個の真珠と366個のダイヤモンド)

370a


「地球儀」(12,541個の真珠、377個のルビー、373個のダイヤモンド)

372a

 

 

昼食は館内のレストラン「阿波幸」で、「真珠定食」をいただきました。

真珠養殖時に使用するアコヤ貝柱の入った炊き込みご飯、その他貝柱のお料理三種、定番の伊勢うどん。

375a


珍しいアコヤ貝の貝柱は煮物、フライ、ウニ和えの三種。

コリコリっとした歯ごたえで、お味にクセはなく美味。

地元では普通に食べるそうです。

376a


可愛い真珠のお菓子はお土産に。その名も「真珠せんべい」

387a


盛り沢山な展示に時間を忘れて楽しむことができ、十分満足できました!



【伊勢志摩旅行その③はコチラ

【伊勢志摩旅行その②はコチラ

【伊勢志摩旅行その①はコチラ

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

 

| | コメント (0)

伊勢志摩旅行その③ ミキモト真珠島は伊勢志摩サミットで話題の鳥羽にありました!

【伊勢志摩旅行その②はコチラ

【伊勢志摩旅行その①はコチラ

【伊勢志摩旅行その④はコチラ


サミット開催の舞台となる志摩観光ホテルベイスイートに宿泊した翌日、もう一つの目的地「ミキモト真珠島」に行ってきました。

近鉄鳥羽駅を出るといきなり、ミキモト創業者の御木本幸吉翁像のお出迎えでした。

286a


「真珠島(しんじゅしま)」と呼ばれているものの、本当にミキモトが「島」を持ってるの?と思っていましたが、そこは正真正銘の「島」でしたsign01

A


1893年に世界の真珠王、
御木本幸吉が真珠養殖に初めて成功した島だそうです。

それまで真珠は、貝の中で作られる偶然の産物=天然物しかなかったので、大変な発見だったのです。

日本の十大発明家の一人でもあり、エジソンに「自分に作れなかったのはダイヤモンドと真珠だ」と言わしめたとか、凄い人なんですねwobbly



右側が「ミキモト真珠島」の入口で、ここで入場して左側の島に進みます。

290a


島へは連絡通路で海の上を歩いて渡りますwave

面白いですねeye

295a


島に到着、モニュメントいろいろ。

318a

319a

巨大幸吉像sign03

持っている杖は大正天皇の皇后、貞明皇后から賜ったそうです。

323a

まずは「御木本幸吉記念館」

305a

その生涯がパネルや遺品で紹介されています。

生家はうどん屋「阿波幸」だったそう。

308a


海女さんによるアコヤ貝の採取の実演も見学。

300a


その他、真珠博物館も併設されていました。

詳しくは次のブログ【伊勢志摩旅行その④】に続きます!

【伊勢志摩旅行その①はコチラ

【伊勢志摩旅行その②はコチラ



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

5月のレッスン「モッツアレラチーズの苺ソースサラダ」

「シチュード・スタッフド・キャベツ」「海老とマッシュルームのピラフ」と共に、春らしい苺のドレッシングを作りました。

Cimg2285
 
 
苺は丁寧に裏漉します。
 
Img_8643
 
さすが馬の毛で作られている裏漉し器の使いやすいこと!

ステンレス製とは比べ物になりません。

このひと手間が素敵なソースを生み出しますlovely

裏漉しのコツは「押して引く」

一度にたくさん裏濾そうとせず、手前から少しづつ、、、

Img_8645

プレーンなヴィネグレットソースを作り、その中に苺の裏漉したものを混ぜ合わせます。

Img_8655

乳白色のソースポットに、綺麗な苺色が映えること!

Cimg2296

サラダ菜、チコリ、きゅうり、クレソンなどのグリーン野菜とモッツアレラを盛り、苺のドレッシングソースをかけて、さあどうぞ。

隠し味に、苺ドレッシングの上からフレッシュな裏漉ししたての苺ピューレをダブルでかけます。

より苺の香りが際立って、春爛漫となるわけです~~scissors




渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

5月のレッスン「海老とマッシュルームのピラフ」

西洋料理の基本の一つ、ピラフの正しい作り方も、しっかりと身につけておきたいですねgood

ポイントを押さえて作ると、本当においしくできあがります! 

Img_8675
 
米は、洗ったらしっかりと水気を切っておきましょう。

水分が残ったまま炒めると、鍋に米がくっつき炒めにくいのです。

玉ねぎはみじん切り、海老とマッシュルームは小さく切っておきます。

Cimg2268
 
まずは、玉ねぎをオイル(オリーブオイルでもサラダオイルでもよい)でしっかりと炒めます。

ちょっと我慢して3分ほど、しんなりと艶よくなるまで炒めるのがコツflair

玉ねぎの甘みと旨味を引き出しましょう。
 
海老とマッシュルームも加えて炒めます。

鍋の中央に空間を作り、そこにバターを落とし、米を一度に加えよく炒めます。

Cimg2270

Cimg2273

油分として、オイルとバターを使い分けるのが、クッキングサロン原宿流ですflair

塩、胡椒、スープを加え蓋をして炊きます。
 
Cimg2275

沸騰するまでは強火、沸騰したら弱火で13分、火を止め10分蒸らして出来上がりですhappy01

Img_8682

きちんと玉ねぎと米を炒めたピラフは、噛みしめると、深みのある味わいに仕上がります。

ちなみに、冷めてから食べてみると、「炒め」具合によって味の良し悪しがはっきりと分かりますよ。



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート②

【アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート①】はコチラ

第2回エクレアコンテストへは全国から24名が応募、参加されました。

うち3名の学生さんがジュニア部門としての参加でした。
 
今回のテーマは「ショコラ」

様々にテーマを解釈し、創作されたエクレアが並びました。

1位グランプリは沖縄の安富祖光将さん、飴細工が得意のパティシエさんです。
珍しい角型のシュー生地にメリハリの効いたクリームで、存在感が際立っていましたshine

Img_8734_2

Img_8729


2位は奥田陽介さん、アントナン・カーレムの肖像画がインパクト大!クラシックな感じで素敵です。

Img_8724


3位は大阪の後尾浩司さん、ギモーヴを入れて食感に工夫をしたそうです。

Img_8726


アントナン・カーレム協会の発起人であり会長のフレデレイック千葉氏自らが司会。

「フランス人でもカーレムをよく知らない人が多い中、日本でカーレムをもっと知ってもらい、国々との交流、友好を深めていきたい」と。

Img_8712_2


名誉顧問の中村勝宏(日本ホテル株式会社総括名誉総料理長)のご挨拶にもとても感銘を受けました。

「良いものは光り、輝いている。向こうから語りかけてくる!」
「何事もクラシック、原点がおさえられてこそ本物が出来上がる!原点に帰る。」
「コンクールとは、それに向けての練習、忍耐、努力。つまり自分のためのもの」
「練習とは原点を見つめること」など。。。

Img_8718


パリからの審査員の方も。

Img_8717


受賞者の皆さん

Img_8731
 
表彰式の後はシャンソン歌手の方も登場、出品作のエクレアを皆さんで試食しましたdelicious

来年は「アントナン・カーレムツアー2017パリで待ち合わせ」(仮題)として、5月中旬に、カーレムにちなんだパリ市内の見学やロワールのヴァランセ城内のカーレムが使用していたキッチン見学などが計画されているそうです。

また、カーレムゆかりの地の写真展も計画中とか、、、楽しみですねheart04

【アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート①】はコチラ

アントナン・カーレムについてはコチラもご覧ください。

フレデリック千葉(千葉好男)さんについてはコチラ



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート①

5月13日、「第2回エクレア・コンテスト」が開催されました。

Img_8702

Img_8706

 

主催は、フランス料理の基礎を築いた「シェフの帝王」と呼ばれるアントナン・カーレム(1783~1833)にちなんで設立された「日本アントナン・カーレム協会」です。

Img_8740

 

Img_8732

協会の発起人であり会長は、パリでサロン・ド・テ兼菓子店を36年経営される、フレデリック千葉(千葉好男)さんです。

実は、私植野一恵も、こちらの協会創立メンバーの一人としてお仲間に入れていただいております。

Img_8709

Img_8738

___1a


私事ですが、かれこれ35年くらい前よりアントナン・カーレムに興味、関心を持ち、細々ながらも一人で文献を探して研究していましたところ、昨年、運命的な出会いを持ってこの協会の存在を知り、即刻入会しましたflair


フランス料理史には必ず登場するカーレムですが、その詳しいプロフィールや人間性、生き様などについては不明でした。

そんな中、‟人間アントナン・カーレム”に焦点を当てて一冊の本を出版されたのが、前述のフレデリック千葉さんです。

今までにない視点で人間カーレムを捉え、資料探しに奔走されながら完成された著書『ぼくが伝えたいアントナン・カーレムの心、お菓子とフランス料理の革命児』に千葉氏の思いが凝縮されています。

グルマン世界料理本大賞2014、食文学部門のグランプリを受賞された素晴らしいご本です。

Img_8744

 

コンテストの詳細は次のブログに続きますsoon


アントナン・カーレムについてはコチラもご覧ください。

フレデリック千葉(千葉好男)さんについてはコチラ

 


渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

| | コメント (0)

女優広田礼美さん「しあわせの雨傘」を観にいきました!

銀座の博品館劇場で上演中のお芝居、「しあわせの雨傘」を観にいってきました。
 
加来千香子さんの主演で、フレンチコメディの日本版。

Img_8760

Img_8759
 
楽しい舞台でした。
 
出演者は5人だけ。
 
その中の主人公の娘役を演じた「広田礼美」さんがお目当てでした!

Img_8592

小柄でチャーミング、声の伸びが良くて、ホント素敵な女優さんですshine

実は彼女、クッキングサロン原宿に、小学生時代お料理を習いに来ていましたwink

「お子様教室」の生徒さんとしてです。

皆さんも応援してねsign03

終演後、楽屋にて(中央が広田礼美さん)

Img_8757

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

 

 

| | コメント (0)

5月のレッスン「シチュード・スタッフド・キャベツ」

春から初夏にかけては、新緑が芽生えるように、新玉ねぎ、新人参、春キャベツ、新じゃがいもなど、お野菜も新鮮で、柔らかくて、甘くて、とてもおいしい季節でもありますsign03

そんな季節に是非お教えしておきたいお料理が、「シチュード・スタッフド・キャベツ」いわゆる「ロール・キャベツ」です。
 
Img_8672
 
ロール・キャベツと聞くと、秋冬の煮込み料理を思い浮かべる方も多いでしょうが、実は、今が旬の春キャベツで作るからこそ、葉が柔らかく優しい甘みが存分に活かされますので、お勧めですhappy01

キャベツの葉はゆでるか、電子レンジで加熱して葉を柔らかくします。

要するに葉を巻きやすくするのですね。

さらに巻きやすくするために、芯を取り、包丁の峰で芯や葉脈を叩いておきましょう。
Cimg2238

水気をふき取り、軽く塩、胡椒を振り、肉を巻き込んでいきます。
 
Cimg2240
 
合挽き肉は卵、ナツメグ塩、胡椒などを混ぜ込んで粘りを出します。
 
Cimg2244
Cimg2246
 
その後に玉ねぎを炒めて冷ましておいたものと、牛乳に浸しておいた食パンを混ぜ込みます。
 
Cimg2249
 
巻き方はクッキングサロン原宿のテクニックでお教えしてます。

爪楊枝やパスタで止めるなど、よく聞きますが、その必要はありません!

葉の手前にお肉を俵型にして置きます。
 
Cimg2254

手前から一巻きします。

右側を左に折り返します。
 
Cimg2255
 
そのまま最後までくるりと巻きます。
 
Cimg2257
 
立てて、肉の中に指で葉をギュッギュッと詰め込み、形を整えます。
 
Cimg2259

お鍋の底に、玉ねぎや人参を敷き、ロールキャベツを入れます。
 
Cimg2260
 
ここで、煮崩れて葉がはだけないコツは、お鍋のサイズにもあります。
 
ロールキャベツが鍋の中で動かないように、きっちりと詰めて煮込めるサイズを選んでください。

スープを注ぎ、ローリエを入れ、落し蓋をして30分ほど弱火で煮込みます。
 
Cimg2280

おいしいエキスが濃縮された煮汁を利用し、ケチャップや生クリームを加えオーロラソース風にshine
Img_8669

柔らかく煮込まれたキャベツに、凝縮ソースがとってもとっても美味!!なんですdelicious
Img_8683

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~

http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

国際フォーラムにアンドレア・ボチェッリを聴きに!

盲目のイタリア人テノール歌手、アンドレア・ボチェッリの日本コンサートに駆けつけましたsweat01

15年来聴いています。

Img_8630a

何と今回は、日本ではたった一回きりのコンサートwobbly

これを逃しては後悔先に絶たずとばかり、

ぎっくり腰の中、強行したのですshock

腰痛ベルト装着、痛み止めを飲んで、這うようにして国際フォーラムにdash

Img_8593


直立不動で、どこからあんなに声量のある歌声が出るのかしらと暫しうっとり。

淡々と、特徴的な少しリリックな声で、決して感情をまっすぐにぶつける歌い上げ方ではないのに。。。

バックのスクリーンに映し出される大自然の映像も相まって、結果、凄い迫力があるんです!!

ソプラノ歌手のマリア・カツァラヴァ、フルートのアンドレア・グリミネッリ、ゲストにサラ・オレインも共演。 

 
Img_8632_2

Img_8595_2

アンコールの拍手に応えて、最後の最後に4歳?の愛娘を抱っこして出てきた時にはびっくり!!でしたflair

因みにボチェッリは57歳です。

実家はトスカーナで130年の歴史を持つワイナリーですってsign01


右が醸造家の弟さん。

Img_8633_2

 

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
  

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »