« アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート① | トップページ | 5月のレッスン「海老とマッシュルームのピラフ」 »

アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート②

【アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート①】はコチラ

第2回エクレアコンテストへは全国から24名が応募、参加されました。

うち3名の学生さんがジュニア部門としての参加でした。
 
今回のテーマは「ショコラ」

様々にテーマを解釈し、創作されたエクレアが並びました。

1位グランプリは沖縄の安富祖光将さん、飴細工が得意のパティシエさんです。
珍しい角型のシュー生地にメリハリの効いたクリームで、存在感が際立っていましたshine

Img_8734_2

Img_8729


2位は奥田陽介さん、アントナン・カーレムの肖像画がインパクト大!クラシックな感じで素敵です。

Img_8724


3位は大阪の後尾浩司さん、ギモーヴを入れて食感に工夫をしたそうです。

Img_8726


アントナン・カーレム協会の発起人であり会長のフレデレイック千葉氏自らが司会。

「フランス人でもカーレムをよく知らない人が多い中、日本でカーレムをもっと知ってもらい、国々との交流、友好を深めていきたい」と。

Img_8712_2


名誉顧問の中村勝宏(日本ホテル株式会社総括名誉総料理長)のご挨拶にもとても感銘を受けました。

「良いものは光り、輝いている。向こうから語りかけてくる!」
「何事もクラシック、原点がおさえられてこそ本物が出来上がる!原点に帰る。」
「コンクールとは、それに向けての練習、忍耐、努力。つまり自分のためのもの」
「練習とは原点を見つめること」など。。。

Img_8718


パリからの審査員の方も。

Img_8717


受賞者の皆さん

Img_8731
 
表彰式の後はシャンソン歌手の方も登場、出品作のエクレアを皆さんで試食しましたdelicious

来年は「アントナン・カーレムツアー2017パリで待ち合わせ」(仮題)として、5月中旬に、カーレムにちなんだパリ市内の見学やロワールのヴァランセ城内のカーレムが使用していたキッチン見学などが計画されているそうです。

また、カーレムゆかりの地の写真展も計画中とか、、、楽しみですねheart04

【アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート①】はコチラ

アントナン・カーレムについてはコチラもご覧ください。

フレデリック千葉(千葉好男)さんについてはコチラ



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com
   

|

« アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート① | トップページ | 5月のレッスン「海老とマッシュルームのピラフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アントナン・カーレム協会「第2回エクレアコンテスト」レポート① | トップページ | 5月のレッスン「海老とマッシュルームのピラフ」 »