« 6月のレッスン「新じゃがと鶏肉の煮物」 | トップページ | 6月のレッスン中華「じゅんさいとホタテのスープ」 »

6月のレッスン中華「揚げ焼きそば」

「料理は科学でもあるんです」

そんな楽しいお料理をご紹介しましょう。

中華麺を蒸して、油で揚げて作るパリパリの「揚げ焼きそば」をレッスンしました。

Cimg2528a

麺を油に投入した瞬間が一番の見もの!

生徒さんはびっくりeye、とても好評でしたscissors


まずは蒸し器で生麺を強火で蒸します。(蒸しの前後の麺の色にご注目を!)

↓蒸す前

Cimg2476a


↓蒸した後

Cimg2491a

粗熱が取れたら、一人前ずつ小ぶりな玉に麺を丸めておきましょう。

Cimg2493a

Cimg2535a

180度の揚げ油でサッと麺を揚げます。

Cimg2537a

麺が油の中でふわっと花開き、面白いように大きく広がります➡ここが科学sign01

麺に含まれている水分が一気に噴出し、油の中で沢山の泡となって見えていますね。

Cimg2510a

ひっくり返して両面1分ぐらい揚げればOK!

Cimg2540a

お皿に盛り付け、食べやすいように上から軽く麺を押さえておきましょう。

Cimg2520a

さて、あんを作ります。

材料は豚肉、玉葱、椎茸、白菜、人参、絹さやなどなど、、、

Cimg2487a

具材は基本的に短冊切りに。

Cimg2484a

中華鍋にオイルを熱し、具材を炒めます。

一つひとつの素材を大切にするため、次々と具材の上に具材を乗せて炒めてはダメ!

Cimg2497a

鉄でできた鍋肌を十二分に活用しましょう。

こうすることで素材の持ち味が活かされ、奥行きのある美味が生まれるのです。

紹興酒、スープ、醤油、隠し味の砂糖を加え3~4分煮込み、塩胡椒で味をととのえます。

Cimg2503a

Cimg2547a

水溶き片栗でトロミをつけ、仕上げに胡麻油を回しかけ火を止めます。

揚げた焼きそばの上にあんをかけて出来上がりです。

Cimg2525a

Cimg2558a

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

|

« 6月のレッスン「新じゃがと鶏肉の煮物」 | トップページ | 6月のレッスン中華「じゅんさいとホタテのスープ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月のレッスン「新じゃがと鶏肉の煮物」 | トップページ | 6月のレッスン中華「じゅんさいとホタテのスープ」 »