« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

6月のレッスン中華「ナタデココ・レモンシロップ」

簡単デザートを一品。

Cimg2527a_2  

ナタデココとは…ココナッツジュースが発酵して、ゲル状に固まった物のことを指します。

市販のナタデココとスイカ、ライチなどを器に盛り、冷たく冷やしたレモン果汁入りシロップを注ぎます。

勿論シロップは手作りです。

熱湯に砂糖を加え、粗熱が取れたら搾りたてのレモン汁を加え作ります。

中華料理に相性の良いフルーツを選ぶなら・・・

夏は絶対スイカ!

秋は絶対梨!!

中華の油を体からスーッと流してくれる感じで、お勧めですgood

Cimg2562a_2

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

6月のレッスン中華「じゅんさいとホタテのスープ」

中華でも旬のじゅんさいのスープを作りました。

つるりとしたのど越しがうれしい、夏向きの中華スープです。

Cimg2549a

じゅんさいは軽く水洗いし、熱湯でさっと湯通ししておきます。

Cimg2489a

生食用のホタテとじゅんさいはあらかじめ器に盛り付けておきます。

中華鍋にオイルを熱し、紹興酒、スープを鍋肌から加え沸騰させます。

Cimg2505a

塩、胡椒で味をととのえ、ほんの少量の水溶き片栗粉で軽いトロミをつけておきましょう。

じゅんさいとホタテの上から熱いスープを注ぎ入れ、出来上がりですdelicious

Cimg2524a

お上品な一品ですshine

Cimg2556a

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

6月のレッスン中華「揚げ焼きそば」

「料理は科学でもあるんです」

そんな楽しいお料理をご紹介しましょう。

中華麺を蒸して、油で揚げて作るパリパリの「揚げ焼きそば」をレッスンしました。

Cimg2528a

麺を油に投入した瞬間が一番の見もの!

生徒さんはびっくりeye、とても好評でしたscissors


まずは蒸し器で生麺を強火で蒸します。(蒸しの前後の麺の色にご注目を!)

↓蒸す前

Cimg2476a


↓蒸した後

Cimg2491a

粗熱が取れたら、一人前ずつ小ぶりな玉に麺を丸めておきましょう。

Cimg2493a

Cimg2535a

180度の揚げ油でサッと麺を揚げます。

Cimg2537a

麺が油の中でふわっと花開き、面白いように大きく広がります➡ここが科学sign01

麺に含まれている水分が一気に噴出し、油の中で沢山の泡となって見えていますね。

Cimg2510a

ひっくり返して両面1分ぐらい揚げればOK!

Cimg2540a

お皿に盛り付け、食べやすいように上から軽く麺を押さえておきましょう。

Cimg2520a

さて、あんを作ります。

材料は豚肉、玉葱、椎茸、白菜、人参、絹さやなどなど、、、

Cimg2487a

具材は基本的に短冊切りに。

Cimg2484a

中華鍋にオイルを熱し、具材を炒めます。

一つひとつの素材を大切にするため、次々と具材の上に具材を乗せて炒めてはダメ!

Cimg2497a

鉄でできた鍋肌を十二分に活用しましょう。

こうすることで素材の持ち味が活かされ、奥行きのある美味が生まれるのです。

紹興酒、スープ、醤油、隠し味の砂糖を加え3~4分煮込み、塩胡椒で味をととのえます。

Cimg2503a

Cimg2547a

水溶き片栗でトロミをつけ、仕上げに胡麻油を回しかけ火を止めます。

揚げた焼きそばの上にあんをかけて出来上がりです。

Cimg2525a

Cimg2558a

渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

6月のレッスン「新じゃがと鶏肉の煮物」

クッキングサロン原宿のスペシャリテの一つ、「新じゃがと鶏肉の煮物」です。

毎回好評!

Cimg2427a

特徴は、和食の煮物にニンニクと生姜を一緒に使うところです。

味付けはしっかりめに、ニンニクと生姜の風味がベストマッチングです。

冷めても美味しいので、お弁当にもお勧めです。

新じゃがいも(じゃがいもでもOK)と人参は乱切り、鶏もも肉は一口大に切ります。

ニンニクと生姜はやや大ぶりのみじん切りにしましょう。

Cimg2437a

鍋に胡麻油をとり、ニンニクと生姜を加えて焦がさないように炒めて香りを出します。

Cimg2402a

鶏もも肉を加え表面が白くなったら、じゃがいもと人参を入れ、炒め合わせます。

Cimg2404a

Cimg2405a

じゅんさいの澄まし汁でとった一番出汁を利用して作った「二番出汁」を加えます。

Cimg2450a

醤油、酒、砂糖も加え、落し蓋をして煮込みます。

Cimg2410a

煮汁を少々残して、火を止めましょう。

Cimg2413a

Cimg2463a

Cimg2466a_2



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

6月のレッスン「じゅんさいの澄まし汁」

じゅんさい(純菜)も今が旬です。

池や沼にプカプカと浮かんでいるところを手で摘み取ります。

水草の一種で、独特のヌルヌル感・プリプリ感がオツな味わいとなります。

水の中に浮かばせながら市販されていますので、一旦水洗いしてザルに水気を切っておきます。

Cimg2434a

胡瓜は真ん中の種の部分に穴を開け、小口切りにします。

これを眼鏡胡瓜と言います。

Cimg2432aa

Cimg2433a

利尻昆布と花鰹で丁寧にとった一番出汁に、具材と塩、醤油を加え、沸騰直前に火を止めます。

Cimg2438a

Cimg2442a

冷やし椀にして、盛夏の吸い物にもピッタリです。

Cimg2464a

Cimg2460a



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

6月のレッスン「鰹のステーキ」

旬の鰹を洋風なタタキにしてみました。

Cimg2422a

丸のまま醤油、ニンニクに漬け込んでおきます。
Cimg2401a

オリーブオイルで全面を色付く程度にサッとレアに焼き付けます。

Cimg2414a


スライスして、醤油+酢+みりんの「つけ醤油」でいただきましょう。

Cimg2419a

白髪ねぎやミョウガなどと共に盛り付けます。
いつもの「鰹のタタキ」とは一味違う、ニンニク香る洋風タタキの出来上がり!


Cimg2466a



渋谷・新宿・青山もすぐ近く、原宿の料理教室・お菓子教室~クッキングサロン原宿~
http://cooking-harajuku.com  

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »