« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

ボージョレ・ヌーボー解禁!

80455f9c9b56446ba7b931993f32fbbd 8bdc84bfbfed4594889e3e5a2d4bba6a    
「ボージョレ・ヌーボー」解禁✨
「ボージョレ・ヌーヴォー」は、フランス、ボージョレ地区(ブルゴーニュ地方南部)で、その年に収穫したぶどうを使って作られた新酒ワインのことを指します。
毎年11月第3木曜日が解禁日として世界的に定められています。
クッキングサロン原宿では毎年のようにこの時期にワイン会を催していました。 
生徒さまはもとより、そのお友達やご家族もご参加いただき、ヴァイオリン、フルート、ハープ、独唱などの方も招き、皆さまとその年の新酒をいただける幸せと喜びを分かち合っていました。
先代の高塚理恵先生がなかなかの酒豪で、当時まだバイオダイナミクス農法(ビオディナミ)が世界的にも浸透していなかった1990年頃から(*化学肥料を排除し、天体の引力を利用する自然農法)この写真に写っているルロワ社のヌーボーにいち早く注目していました。
ルロワ社は有名なマダム・ルロワの経営するワインメーカーです。
なんでも3歳の頃からワインを嗜んでいたとかテイスティングの英才教育を受けて育ったマダム。
天才的な舌とテイスティング能力の持ち主として有名です。
今でもおそらくご健在、88歳くらいでしょうか。シャネルを着て葡萄畑にお出ましという話も有名!
あまり美味とはいえないボージョレヌーボーの世界観を覆す、マダム・ルロワの新酒は本当にヌーボーとは思えない美酒です。
よく言われるヌーボーの青臭い味とは正反対の「成熟した洗練の極み」の味わいがあります。
是非一度試してみて!
熟したカシスやストロベリーの濃密な香りが抜栓した途端に広がり、時間の経過で、枯葉の匂い、土の匂い、きのこの香りが口いっぱいに広がり、濃厚な力強さだけではない滑らかなこれぞエレガンスの極み!と言った味わいに今年もマダムに脱帽!でした。
因みに、ラベルの表示「ボジョレー・プリムール」とは一番酒という意味。
価格は一般的なボージョレ・ヌーボーの2倍します。
そして、4~5年置いても劣化しないというヌーボーらしからぬ底力の持ち主です。
(通常のヌーボーは早飲みが信条ですので、正月明けまでには飲み切ってしまうのが常識です。)

| | コメント (0)

12月レッスンメニュー

あっという間に1年も終わりに近づき、いよいよクリスマスのデコレーションを始める方も多いのではないでしょうか?そんな12月は、

①クリスマスリースを作る「コラボレッスン」

②クッキングサロン原宿伝統のクリスマスメニューを作る「クリスマスレッスン」

…の二本立てとなります。

日時によってはすぐに満席になってしまう大人気レッスンですので、11/15までにお早めにご予約ください🎅

 

12月

10(金)10:00-12:30      コラボレッスン

11(土)11:00-13:30  コラボレッスン

17(金)10:00-13:00      クリスマス特別レッスン

18(土)11:00-14:00      クリスマス特別レッスン

 

メニュー(予定)

コラボレッスン:

5月にご好評頂いた「レ ミルフォイユ 東京」店長のフルーリスト・長塩由実さんとのコラボレッスン第二弾。グリーンと木の実を使ったクリスマスリースを作ります。

🎄各回定員5名
🎄クリスマス菓子・ドリンク付き、リースお持ち帰り
🎄11,000円(税込)

 

クリスマス特別レッスン:

 8fac8a04da65485ab0c49d9ebfbcf1eb

 
🎄各回定員4名
🎄7,700円(税込)※クリスマス特別レッスンにつき、体験料金は適用されません。

 

★ ローストチキン

★ カナッペ

★ スタッフドエッグ

★ ポルチーニ茸のリゾット

★ ワイン

 

日時によってはすぐにご予約が埋まってしまいます。11/15までにお早めのお申し込みをお願いします。

お申し込み・お問い合わせ – クッキングサロン原宿 (cooking-harajuku.com)

※ 3名以上のグループでお申し込みの場合は、上記以外の日時でもお受けしますのでご相談ください。

 

 

☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆

「食卓に悦びを!」

旬を捉え日々の食事にきちんと役立つ、基本を大切にしたお料理をお伝えしています。

クッキングサロン原宿ならではの五感を活かしたレッスンには、特にご好評をいただいております。

「触覚、味覚、嗅覚」

リモートでは伝わりずらいこれらの感覚も、しっかりと体得できるのが対面レッスンの良さ。

徹底したコロナ対策の元、生徒さまには安心してレッスンを受けていただきます。

《クッキングサロン原宿のコロナ対策》

・講師  植野一恵は、コロナワクチン2回接種を完了しております。

・当教室の最大の特徴→→全室循環換気で空気は常に清浄されていますので安心してレッスンが受けられます。24時間全館空調システム「コンフォート24システム」https://cf24.jp/ 導入

・細菌・ウイルス・化学物質を除去する浄水器「シーガルフォー」https://www.granddukes.com/index.html 採用

・飛沫防止用のアクリル板設置

・CO2濃度測定器の導入(三密対策)

・タッチレスアルコールディスペンサー、タッチレスソープディスペンサー、使い捨てハンドペーパー、ゴム手袋を使用

・キッチン設備のこまめな消毒

・講師の体調管理、マスクやフェイスシールドの着用

☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆

| | コメント (0)

11/1は紅茶の日

今日11月1日は紅茶の日です🫖
江戸時代、海難事故にあいロシアに漂着した大黒屋光太夫という船乗りがロシアの女帝エカテリーナ2世のお茶会に招かれ、日本人で初めて紅茶を飲んだそうです。
その日が1791年の11月1日だったということから紅茶の日と定められました。大黒屋光太夫、凄いですね!

 

紅茶の効能ですが、何と言ってもインフルエンザや風邪予防に効くというのがうれしい点です。
医師の友人がよく、「風邪っぽい時はすぐにたくさん紅茶を飲んでね」とアドバイスをくれていたことが思い出されます。
紅茶うがいも効果的だそう。テアフラビンという成分が感染を低下させてくれるそうです。
また、紅茶に含まれるカテキンは抗酸化物質ですので、免疫力を保つ効果もあります。
その豊かな香りと味わいでストレス発散、疲労回復とリラックス効果も有り。いいこと尽くめですね。

 

さて、そんな紅茶のルーツは中国。
ヨーロッパへはコーヒーの伝播より遅く、17世紀に伝わってきました。
当時紅茶椀は現代の様な取手は無く、熱い紅茶を冷ますために深めのソーサーに移して飲んでいました。
しかし、流石にもっとエレガントな飲み方はないものかと模索した結果、次第に取手をつける様になったわけです。

 

皆さまは正式な紅茶椀の定義をご存知でしょうか?
紅茶は熱湯で淹れるのが鉄則ですが、熱々の紅茶を早く飲み頃にするためには冷めやすいように飲み口が広がっている方がよいですし、紅茶の色合いの美しさや香りを楽しむためにも飲み口が広いと効果的ですよね。
そういう訳で紅茶椀は写真のように口広で背の低い形状が正式です
現代はコーヒーと兼用できるカップが主流となってしまいましたがやはりいにしえの風雅な紅茶椀はいつまでも大切にしたいものです。。

 

写真の紅茶椀は40年前のノリタケのボーンチャイナ。今もクッキングサロン原宿では現役選手で活躍中です!
ベランダのローズマリーを浮かべた特製ティー。どうぞお茶にいらしてください。
A00216751dcd41ba9109c6441464c841

続きを読む "11/1は紅茶の日"

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »